新潟の園芸生産植物をデーターベース化し、植物の生産歴史、生産情報、関連施設や花のイベント情報などの新潟花の情報発信ページです。
− にいがた花図鑑 −
button01_gotop_05.jpg
−にいがた花き園芸産地マップ−
小須戸地区
臼井地区
小合、小成場地区
 新潟市秋葉区の花き花木生産は約200年もの歴史のある地域です。立地条件として日本一長い信濃川と阿賀野川に挟まれた肥えた土壌と水に恵まれた土地柄です。伝統ある植物(古典植物)と培われた園芸技術、積極的に新しい植物の導入、育種が盛んで半径3キロ圏内に集中した園芸産地です。
 
 現在ではアザレア、ボケ、シャクナゲ、クリスマスローズ、牡丹、シャクヤク等の植物が生産販売されており、日本一の生産量、販売量の植物が数多く存在します。
 
それらの商品を全国に出荷するため、「新潟県花き出荷組合」が組織され、半径3キロの範囲に花き園芸市場が2社があり半径5キロ圏内には県立植物園、大型園芸売店などが集中している園芸産地です。
icon_g07.gif