button01_gotop_05.jpg button01_return_02.jpg
にいがた花図鑑の「にいがた植物リポート」は新品種や人気品種など、園芸生産者が育てている中での視点で植物を紹介しています。
−にいがた植物リポート−
和名:ダイモンジソウ(大文字草)
学名:Saxifraga fortunei var. incisolobata
 
 

<大文字草>

 大文字草は、ユキノシタ科に属する山野草で日本の里山に広く自生しています。花は白花が基本で漢字の大という字に似て花びらが開きます。近年、交配を繰り返し、赤、桃、薄緑、八重咲き、変化咲きなど花形も多種多様です。品種数も300〜400種ぐらいあるとも言われています。現在、新潟では100種類ほどが園芸品として市販されています。
 

 特長    開花時期は9月下旬〜11月上旬ころです。草丈は20cmくらいで円形状に葉がでる。花径は1-2cmで無数に咲く。暑さに弱く涼しいところを好む。冬は葉が枯れて無くなるが冬芽が形成される。

 

 栽培方法  春株分けなどをして、鹿沼土・軽石・腐葉土などの水はけの良い混合用土に植える。水は切らさず、夏は日陰の涼しい所で育てる。

       肥料は46月と花後に緩効性肥料を与える。

− にいがた花図鑑 −
Report:土田園芸場