button01_gotop_05.jpg button01_return_02.jpg
にいがた花図鑑の「にいがた植物リポート」は新品種や人気品種など、園芸生産者が育てている中での視点で植物を紹介しています。
− にいがた花図鑑 −
−にいがた植物リポート−
和名:チューリップ
学名:Tulipa
 

 「チューリップ」ユリ科チューリップ属の秋植え球根。魅力=極早生〜晩生種まで品種を組み合わせると、最長一ヵ月程度楽しむ事が出来ます。また、花色、咲き方などが豊富で、早春の庭を飾ることが出きることや、近年多種多様なチューリップ切花が出回ることで一般の方々にもかなり知られる様になりました。

 

 (ちなみにチューリップ切花出荷量でも新潟県は第一位です)本県では、大正八年中蒲原郡小合村(現、新潟市秋葉区出戸)の小田喜平太氏により日本で初めてチューリップ球根の商用栽培が成功し、以来九十年以上国内主生産地として富山県とともに国内チューリップ゚生産を担っております。これは日本海側の冬季間の降雪による湿潤と低温障害の回避が球根生産に適したことにより栽培が確立されてきました。

 

 「新潟オリジナルチューリップとしては、故萩屋 薫氏(元新潟大学教授)により昭和59年以降「星シリーズ」「メルヘンシリーズ」など170種が発表・登録されましたが現存している品種では「シャロンの花」「星占い」「ランラン」「妙高」などがあります。また、新潟県農林水産部作出品種で本年から「桜小雪@」(新潟一号)、「メリープリンス@」(新潟二号)、「越爛漫@」(新潟四号)、「スプリングファンタジー@」(新潟九号)が販売され、来春には各地で開花をはじめることでしょう。また、来年以降も引き続き新潟オリジナルチューリップが世に出る予定となっております。


 


 チューリップ王国オランダでは現在、品種登録数は1,800を超えており、そのうち600種程度は日本向けに輸出可能となっていますが、概ね300〜400品種が毎年輸入されています。


 


咲いた〜咲いた〜〜赤・白・黄色〜」是非、一人でも多く、チューリップの花を咲かせて欲しいものです。

チューリップ Tulipa
  タルタ            シュレンキー        クルシアナシンシア    アルバコエルレアオクラー
ブルケラオダリスク      ブライトジェム         パルシヤンパール        トルケスタニカ
  ボリクローマ          ベルリオーズ         ペルシャンパール      プルケラテタテタ
 リニフォリア        リトルビューティー       ウルミエンシス       ライラックワンダー
Report:佐藤文則
  シャロンの花       星占い
 メリープリンス      越爛漫
スプリングフアンタジー    桜小雪